取り付けても違法にはならない

 

取り付けても違法にはならない

車というのは安全に走行できることが大前提になっているので、安全面に支障をきたしてしまうようなカスタマイズを行ってしまうと違法になる危険性もあります。ようするに保安基準を満たしていないと、安全面に使用をきたすので違法になってしまうのですが、カラード・フロントガラスの場合には大丈夫なのでしょうか。


フロントガラスに関しては、透過率70パーセント以上という取り決めがあるのですが、カラード・フロントガラスの場合には、かなりクリアなガラスとなっているので、たとえ夜間であっても普通のフロントガラスと同じように車内から外を見ることができます。よってカラード・フロントガラスを取り付けたとしても違法になることはないので、堂々と交換してしまって問題ありません。


車検にも通るので安心できる

車のカスタマイズを行った場合、車検のときに問題ないのかという心配をする人もいます。車検というのは法律で定められている点検なので、定められた期間内に行わないと違法になってしまうのです。車検を行う場合には、走行するのに危険なカスタマイズが行われていた場合、通過することができなくなることもあるのです。そのため、カスタマイズは車検を問題なくクリアすることができる範囲で行う必要があるのですが、カラード・フロントガラスを取り付けた場合には大丈夫なのでしょうか。カラード・フロントガラスはとても透明度が高く、車内からでも見通しが非常によくなっているので、問題なく車検を通過することができます。


 
コンテンツ