日本工業規格は世界でもかなり厳しい

 

日本工業規格は世界でもかなり厳しい

日本の技術は世界でも最高峰になっているのですが、日本には日本工業規格と呼ばれている基準があります。この基準を満たしている製品に対しては、JISマークを提示することが許されます。カラード・フロントガラスにもこのJISマークが提示されています。かなり高い基準となっているので、このマークが表示されている製品というのはそれほど多くはありません。しかもカラード・フロントガラスというのは、JISマークが表示されているだけではなく、ECER43やDOT593のマークも表示されているのです。ECER43というのはヨーロッパの製品承認のことですし、DOT593というのはアメリカ合衆国運輸局が認めた製品のことです。日本の技術は世界でもトップクラスなので、日本の向上規格を満たしているということは、世界各国の基準も満たしているということだと言えるのです。


取り扱い車種を確かめておく

JISマークが表示されているほど高性能なカラード・フロントガラスですが、取り扱い車種があるので事前に確かめておかなければいけません。インターネットで調べれば、取り扱い車種がどのようになっているのかを簡単に調べることができます。ワゴンや軽トラック、一般的なトラックを中心に使用できるようになっているのですが、もしホームページで調べることができない場合や自分が所有している車種が明記されていない場合には、まず問い合わせを行いましょう。インターネット上にはいろいろな情報がありますので、実際に販売している業者に聞いた方が確実です。


 
コンテンツ